morimichi

もりみちブログ

2018年3月4日

肥草

久万高原町黒藤川地区でススキを刈って円錐形に積み上げている光景を見た。通りがかりの地元の人に聞くと,肥草ぼうとう(棒塔?)と言う。
まずススキの束3本をまとめて,中心に木の棒を立て,そのまわりにつぎつぎとススキの束を重ねて全体を縄などヒモで縛って固定する。こうするとススキが腐らないで保存できる。昔は茅葺き屋根の材料ともなったが,今は肥料として使っている。5月頃に細かく切って田植え前の田んぼに入れて肥料としたり,ピーマンの畝に敷くのだそうだ。hmatsui

沢渡地区

置俵地区


関連記事


月別アーカイブ