morimichi

イベント情報

2022年9月21日

風早トンボサミット2022 【実施日】2022年10月30日(日)

オオキトンボがいる里地には、いろんな生きものがすんでいます。
生きものの不思議や観察のおもしろさに気づき、守ることも考えます!
★オオキトンボは希少な赤トンボの仲間(環境省絶滅危惧IB類)ですが、
松山市北条地域は最も多く生息する地域の一つです。
★NPO法人森からつづく道は、2016年からオオキトンボ保全のために、
調査・啓発活動を行っています。

【日時】 令和4年10月30日(日)13:00~16:00
【場所】 北条ふるさと館1階研修室(松山市河野別府995)
◎オンラインZoomでも参加できます!
★無料

【プログラム】
■講演 虫の目で自然観察を楽しむ!
講師:新開孝さん(昆虫写真家)
~トンボもふくむ身近な虫のくらしを読み解くことから自然を広く眺めてみましょう。
生きものと環境との関わり方を、虫の「しわざ」や「行動」などの生態写真で紹介します。

■オオオキトンボの調査、トンボを守る活動の報告など
(1)オオキトンボの希少性と現状
久松 定智 さん  (日本トンボ学会自然保護委員会オキトンボ部会長)
(2)北条地域のオオキトンボ調査からわかったこと
松井 宏光  (NPO法人森からつづく道 代表)
(3)愛媛県のトンボの種類と現状
武智 礼央 (NPO法人森からつづく道 理事)
(4)四国のトンボの現状と課題
杉村 光俊 さん((公社)トンボと自然を考える会常務理事)

■ディスカッション
『里地の生きものが減っている? 身近な生態系を守るために』
コーディネーター 吉富 博之 さん (愛媛大学農学部環境昆虫学研究室准教授)

【オプション】
同日10:00~ オオキトンボの産卵およびため池周辺の生きもの観察会

お申し込みなど詳細は、コチラ(チラシ)をご参照ください。