morimichi

もりみちブログ

2017年12月6日

松山城山の森


カメラを持ってテクテク歩いて松山城山を一週した。現存植生図を作るための写真撮影が目的。この頃は落葉のアベマキ林と常緑のシイ林・アラカシ林の区別がはっきり分かる。城山公園からは西~西南斜面をパチリ,県庁別館最上階からは南面を,大街道に新しく出来たホテルの13階からは南東斜面を。北斜面はほぼ常緑広葉樹林だから撮影は無し。
1938年(昭和13年)八木・重松,1970年(昭和45年)三好,1992年(平成4年)松井の植生図があるから,2017年の植生図が出来れば80年間の森林の変遷が分かる。80年前には南西~南斜面はすべてアカマツ林だった。1970年にはアカマツ林の一部がアベマキ林に変化。1992年にはアベマキ林はアラカシ林となりアカマツ林は断片的なった。2017年,アカマツ林が無くなっていた。hmatsui


関連記事


月別アーカイブ