morimichi

もりみちブログ

2018年9月17日

四万十トンボ自然公園でトンボ研修

9/15-9/16,高知県四万十市の学遊館あきついお・トンボ自然公園でトンボ研修を実施。これは北条地域で実施している「オオキトンボの里づくりプロジェクト」の一環で,次世代のトンボ研究者や保全活動を担う人材養成プログラムです。今回の参加者は愛媛大学教育学部の4年生と大学院生,愛大附属高校の2年生と松井の4名です。初日は午後からトンボ公園内でのトンボの生態と環境についての解説(2時間)を受けた後にセミナー室で講義(2時間),さらに標本作り実習(1時間)でした。ちょうど韓国からテレビ撮影が入っており,杉村さんと学生に密着取材。学生達もしっかりとインタビューに答えていました。翌日は9:30から園内の草刈りなど環境整備体験,11:30から四万十川河口に移動してアカネ類の観察。13:00からは施設内見学と子供用プログラムの体験で16:00終了。2日間にわたり講師の杉村さんの熱い話に学生は強く感銘を受けたことでしょう。それにしても疲れました。hmatsui

園内での現場指導

トンボと環境の説明をする杉村さん

インタビューに答える高校生

セミナー室での講義

館内の説明

標本作り実習

環境整備体験の草刈りと搬出


関連記事


月別アーカイブ