morimichi

動物ごよみ

2017年12月31日

きらっきらなカメムシたち

うえから日本最美麗なカメムシとされる「ニシキキンカメムシ(2㎝ほど)」と、南方系の種だが移動性が強く一時的に北海道にも記録のある「オオキンカメムシ(2.5㎝ほど)」。両種ともキンカメムシ科に含まれる。

ニシキキンカメムシの終齢幼虫。和歌山県山間部の稜線近くにあるツゲの群落で、ウバメガシ等の落葉下から見つかった。2017/12/28, Leo Takechi

 

 

オオキンカメムシの集団越冬。高知県の足摺岬にて。太平洋岸沿いに生える椿など常緑樹の葉裏で多数の個体を見ることができる。掲載写真は、大きなほうが雌で小さいほうが雄。2017/12/30, Leo Takechi

 

 

 


カテゴリー

月別アーカイブ