morimichi

動物ごよみ

2018年2月2日

カモメ類が面白い!!

ウミネコ。これは年中観察できるカモメです。嘴の先が黒いこと、尾羽の後が黒いこと、足が黄色いこと、サイズは中では小さいことがポイント。まずこれを覚えよう。

後がウミネコ。手前はセグロカモメ。サイズの違いも明らか。セグロカモメは嘴の先が黒くはない。翼の色はグレイ、足はピンク色、さらに尾羽は白い。

中央がオオセグロカモメ。サイズはウミネコより大きくセグロカモメとほぼ同じ。翼の色がセグロカモメより黒いことが特徴。

オオセグロカモメです。

これはセグロカモメ。

セグロカモメ。嘴の先、翼の色、尾羽、足の色をしっかりと見てみよう。

河口では、ウミネコ(留鳥で多い)、セグロカモメ(冬鳥)、オオセグロカモメ(冬鳥)、カモメ(冬鳥、稀)、ユリカモメ(冬鳥、南予は稀)などが見られる。水浴びをしていたり、中州などで羽づくろいをしていたりするので、観察は容易。ぜひ、カモメ類の見分け方をマスターしよう。

(宇和島市岩松川河口 2018/02/02)khashigoe


関連記事


カテゴリー

月別アーカイブ