2016年9月アーカイブ

松山大学 薬草園

| コメント(0) | トラックバック(0)

20160921,松山大学薬草園 (7).JPG20160921,松山大学薬草園 (9)イランイラン.JPG正式には松山大学薬学部附属薬用植物園。薬学部のA教授の案内で初めて訪問。御幸グランドの一角にあり総面積は1800㎡。基本薬草はすべて揃っており,なかなか充実している。温室では香料として有名なイライイラン(写真)の花を初めて見た。なお10月2日には秋季一般公開が予定されている。hmatsui

20160920サイエンスカフェ (3).JPG9/20,第16回のサイエンスカフェを実施しました。今回の講師は高知大学農学部 福田達哉さんで,演題は「植物は環境を語る」です。シカ食害を受けた刺激でカラスザンショウやイラクサなどのトゲが発達すること渓流性植物が葉を小型にして洪水から身を守っていることなど植物と環境の関係について興味深い話でした。フロアからの質問も相次いで相当に充実した会となりました。hmatsui

5/27に富田小学校の子ども達が数百株のウンランを移植した。ところが今はハマゴウが密生し,ウンランは点々と生き残っているのみ。夏の日照りも影響したかもしれない。ハマゴウを除草する必要があるが,ひ弱に育った20160527,織田ヶ浜ウンラン移植 (18).JPG20160908、織田ヶ浜 (7).JPGウンランが強い日差しと風に耐えれるか・・ hmatsui

皿ヶ嶺のソバナ

| コメント(0) | トラックバック(0)

20160910,皿ヶ嶺 上林トンネル北面,ソバナ (4).JPG皿ヶ嶺の北面でソバナが群生していた。花期は終わりかけだが個体数は多い。県絶滅危惧Ⅱ類。hmatsui

カープ,優勝

| コメント(0) | トラックバック(0)

P9100597.JPGもりみちブログにはなじまない私的な内容ですが,41年前の球団初優勝の瞬間は広島大学の集中講義の最中。大学のあちこちから聞こえる歓声で知った。唯一の親企業を持たない市民球団だからドラフトでは契約金の安い無名選手を集めて教育して一軍に送る,そんなカープが25年ぶりの優勝,感激です。hmatsui

9/6,内子町五百木。もう刈られた稲が稲木に掛けられている。手前の放棄水田ではガマやオニガヤツリに混じってタコノアシが満開。matsui20160906(2)内子町五百木.JPG20160906(4)内子町五百木.JPG

砂鉄集め

| コメント(0) | トラックバック(0)

砂浜の一部が黒い。ひょっとして・・・持ち帰って磁石を近づけるとまさに砂鉄だった。数日後に磁石持参で現地へ。砂鉄探しは面白い。一緒にいた人も砂鉄探しにけっこうはまっていた。海岸の自然探しの新しいテーマが見つかった。9/4,粟井海岸にて20160902,粟井海岸 (1).JPG20160904,粟井海岸砂鉄 (2).JPG,hmatsui

砂浜の砂粒観察

| コメント(0) | トラックバック(0)

砂浜の砂粒をじっくりと見ると意外におもしろい。粟井海岸は花崗岩の風化した砂浜だから,ルーペで見ると透き通った石英が多い。白く不透明は長石。黒いのは雲母20160902,粟井海岸 (3).JPG20160904,粟井海岸砂粒 (3).JPG。ボンドを塗った紙に砂を落して,簡単に砂粒コレクションができる。浜ごとに砂粒の種類が違うそうな。大人の自由研究となりそう。hmatsui

20160904,粟井海岸 (25).JPG9/4,台風の合間の晴れ間,粟井海岸でトシカン主催のNACS-Jの自然調べ2016海岸の花しらべ。ハマボウフウ,マツナ,ハマゴウ,ハマヒルガオ,コウボウムギなど。写真はみんなでハママツナを食べていると。hmatsui

2016年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

  • img

最近のコメント

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.2

累計:
本日:
昨日: