2016年8月アーカイブ

20160821,生きもんdays (13).JPG20160821,生きもんdays (18).JPG20160821,生きもんdays (22).JPG20160821,生きもんdays (25).JPG20160821,生きもんdays (23).JPG風早生きもんDAYSの三日目(最終日)の午後のテーマは身近な生き物。とべ動物園の前田さんは話し上手,ヘビなどの話に最初から引きこまれてしまう。講演の後は実物のヘビやカメを触って子どもも大人も大満足。

20160820,風早生きもんDAYS (33).JPG20160820,風早生きもんDAYS (44).JPG20160820,風早生きもんDAYS (52).JPG20160820,風早生きもんDAYS (49).JPG風早生きもんDAYS二日目の午後のテーマはトンボ。トンボ王国(四万十市)の杉村さんによるトンボについての熱い話に感動。その後は,県生物多様性センターの久松さんの指導で野外でトンボ採取。

20160820,風早生きもんDAYS (9).JPG20160820,風早生きもんDAYS (18).JPG20160821,生きもんdays (1).JPG20160821,生きもんdays (8).JPG20160821,生きもんdays (3).JPG展示は段ボールパネルを使用。安価で軽いので名案だったが画鋲が使えないことと重量物の掲示が出来ないことが難点。北条地域の小学校の活動やら山道整備の団体やら,県内の自然保護関係,四国EPOなどたくさんの展示が揃った。トンボ写真展も。クラフトは松山都市環境学習センターの力作「生きもん釣り堀」コーナー,切り絵・折り紙コーナー,森の案内人会による竹細工のコーナーがあり,どれも大好評。

20160819,風早生きもんDAYS (26).JPG20160819,風早生きもんDAYS (33).JPG20160819,風早生きもんDAYS (39).JPG20160819,風早生きもんDAYS (41).JPG20160819,風早生きもんDAYS (43).JPG風早生きもんDAYS初日の午後のテーマはセミ。西条自然学校の今川さんに指導していただきました。まずはスライドでセミの話,ついで野外で抜け殻集め,その後,抜け殻観察と抜け殻標本箱の作成。みんなが集めた抜け殻を木に貼付けてみました。アブラゼミが圧倒的に多かった。

8/19 風早生きもんDAYS初日目の最初のイベント,9:00~10:30まで立岩川の生き物観察会。愛大理学部大学院生3名の指導で淡水魚採集と解説。オイカワ,カワムツ,シマヨシノボリなど。採取した魚たちはメイン会場の北条ふるさと館で水槽展示。20160820,風早生きもんDAYS (1).JPG

20160819,風早生きもんDAYS (4).JPG20160819,風早生きもんDAYS (11).JPG20160819,風早生きもんDAYS (21).JPG

渓流にて

| コメント(0) | トラックバック(0)

ミヤマカワトンボ,水底に写ったシマアメンボの足の影,水底に写った水面の光の影。20160731,鈍川渓谷。

20160731,鈍川渓谷 (13)ミヤマカワトンボ.JPG20160731,鈍川渓谷 (3)シマアメンボ.JPG20160731,鈍川渓谷 (5).JPG

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

  • img

最近のコメント

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.2

累計:
本日:
昨日: