2016年5月アーカイブ

大三島町口総

| コメント(0) | トラックバック(0)

20160530,大三島町口総 (4).JPG山裾には神社の鳥居が見える。田んぼにはメダカ,デンジソウが,水路にはフナが群れて泳ぎ,ヨシ原からはオオヨシキリが賑やかに囀っている。残り少ない日本の原風景であろう。5/30,hmatsui

20160530,大三島鷲ヶ頭山 (5).JPG20160530,大三島鷲ヶ頭山 (1).JPG鷲ヶ頭山,山火事などで植生は貧弱だけど日当たりの良い草地にはササユリやキキョウが群生していた。5/30,hmatsui

スイカズラ

| コメント(0) | トラックバック(0)

20160529,東温市白猪 (5).JPGスイカズラの花。早速,花を抜いて蜜を吸った。ほのかに甘い。5/29,hmatsui

ハチクのタケノコ

| コメント(0) | トラックバック(0)

20160529,東温市白猪 (10).JPGIMG_9025.JPGこの頃,ハチクがタケノコを出す。東温市河之内の道路沿いでハチクを収穫。5/29,hmatsui

イワガラミ

| コメント(0) | トラックバック(0)

20160518 ,鉄砲石川 (13).JPGイワガラミが開花。そろそろアジサイの季節となった。

イワガラミ,以前はユキノシタ科だったが今はアジサイ科。花の周囲にある装飾花は花弁(萼片)は1枚。よく似たツルアジサイは鋸歯が細かく整い装飾花の花弁は3~4枚。

亀ヶ池

| コメント(0) | トラックバック(0)

20160524,亀ヶ池 (22).JPG伊方町亀ヶ池。2007年に温泉開発に伴って作られた人工のため池。次第にヨシとシロネが優占したため,2015年に伊方町によって,ヨシなどの根茎ごと表土を掘削し水面を出すという工事を実施。5/24時点では大量のシャジクモとアオミドロが発生。これから新たな希少種の復活を期待している。

ノアザミ

| コメント(0) | トラックバック(0)

20160521、石畳 (1).JPGアザミの仲間は秋に咲くものが多いが,ノアザミだけは春から初夏に咲く。快晴の午前,まだ花粉を出していない花を探し,その花の先に指を軽く触れてみると白い花粉を放出した。5/21,内子町石畳

クサイチゴ

| コメント(0) | トラックバック(0)

20160522,松山市 (4),クサイチゴ.JPGクサイチゴが実る時期。美味! ときどき小さなイモムシが内側にいて先に食べ始めているので要注意。5/22,松山市内

割石峠

| コメント(1) | トラックバック(0)

20160522,唐岬滝~割石峠~黒森峠 (25).JPG20160522,唐岬滝~割石峠~黒森峠 (22),オトコヨウゾメ.JPG5/22,研究会のメンバー6人で東温市の唐岬(からかい)滝~割石峠~黒森峠を歩いた。オモゴテンナンショウ,シコクナベワリ,ユキザサ,シコクハンショウヅル,オトコヨウゾメ(写真)など。

ハマヒルガオ

| コメント(0) | トラックバック(0)

20160517大三島町台海岸 (33).JPG♫君の名はと たずねし人あり その人の名も知らず

♫今日砂山にただひとり来て 浜昼顔に 聞いてみる

大三島町台海岸ではハマヒルガオが満開,5/17

昨年は9月~11月にシンポジウム形式のスーパーサイエンスカフェ20160517 (42).JPG20160517 (45).JPGを実施し,12月に四国生物多様性会議in西条を実施しました。そのため通常のサイエンスカフェはお休みしていましたが,5月から再開して,第14回を5/17(火)19:00から愛大ミューズ会議室で実施しました。今回の話題提供は国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所薬用植物資源研究センターの渕野裕之さんで,テーマは「薬と植物」でした。日本や世界の薬用植物について,麻薬植物についてなどとても興味深いご講演でした。

ハマヒルガオ

| コメント(0) | トラックバック(0)

20160517大三島町台海岸 (34).JPG

ミズキ

| コメント(0) | トラックバック(0)

20160516 、楢原山 (11).JPGもうミズキが満開の頃となった。ミズキの花を見ると初夏となったと思う。ミズキのそばでクマノミズキもやっとつぼみを膨らませていた。5/16,楢原山

ジャケツイバラ

| コメント(0) | トラックバック(0)

20160516 、楢原山 (3).JPGマメ科のツル性の落葉樹。大ぶりの花穂なので遠目にもそれと分かる。茎に鋭い棘がある。蛇結茨,ツルが絡み合う様子をヘビ同士が絡みついているように見えることから命名された。5/16,楢原山,hmatsui

麦秋

| コメント(0) | トラックバック(0)

20160507 (1)東温市.JPGムギがやっと色づき始めた。20160507 (6)東温市.JPGアップの写真はムギとイヌムギ(手前の1本)。5/7,hmatsui

20160507 (7)重信川上流阿歌古渓谷.JPGイロハモミジの花の写真を撮ろうと枝を引き寄せたら,無数のクモの子どもが居た。5/7,hmatsui

ハイノキ 満開

| コメント(0) | トラックバック(0)

20160505水が峠~北三方 (27)ハイノキ.JPG20160505水が峠~北三方 (34)ハイノキ.JPGハイノキ,常緑低木で多少の日陰の方が生育に適しているのだろう。植林やカシ林の低木にハイノキが優占しており,ちょうど今が花盛り。葉の上に雪が降り積もったよう。5/5,hmatsui

モジ仲間の花

| コメント(0) | トラックバック(0)

20160501赤星山南尾根 (43),ケクロモジ.JPG20160501赤星山南尾根 (38),シロモジ.JPGこどもの城IMGP1877.JPG5/1撮影のケクロモジとシロモジの花,3/10撮影のアオモジの花。hmatsui

赤星山

| コメント(0) | トラックバック(0)

P5011537.JPGP5011512.JPG5/1,赤星山南尾根へ。目的は,高知県のS氏が4/29に1200m地点で発見したツクシタンポポの自生地。ツクシタンポポを確認して,ついでにもう少し登ると,カタクリ,ニリンソウが一面に咲く斜面に出た。hmatsui

ヒメツルソバ

| コメント(0) | トラックバック(0)

20160430 (11),北条辻,ヒメツルソバ.JPGヒマラヤ地方原産の帰化植物。タデの仲間です。ガラスに挟まれながら元気に育っていた。hmatsui

海辺で菜摘み

| コメント(0) | トラックバック(0)

20160430 (2),北条鹿島全景.JPG20160430 (9),北条辻,ハマボウフウ.JPG鹿島が望める北条辻の砂浜に出ると,コウボウムギ,ハマヒルガオなどが花盛り。オカヒジキがみずみずしい若葉を伸ばしている。葉が硬くなる前の今が旬。地方によっては季節野菜としてスーパーに並んでいるのも納得。ついでにハマボウフウとツルナも採取。hmatsui,4/30

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ウェブページ

  • img

最近のコメント

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.2

累計:
本日:
昨日: