2015年8月アーカイブ

アイアシ

| コメント(0) | トラックバック(0)

20150829,肱川大和橋左岸上流 (14).JPG肱川下流でアイアシ群落の予備調査.広範囲に分布している.昼から雨で調査は終了.正確な分布図が必要だけどレベル(測量器)を持っていない(-_-;).

アイアシ(写真手前のイネ科)は愛媛県RDBでVU,県内での現存は3ヶ所かな.8/29,hmatsui

藁文化

| コメント(0) | トラックバック(0)

20150829,オオズグリーン.JPG大洲のホームセンターには,むしろ,わら縄,シュロ縄,麻袋(籾殻などを入れる.ドンゴロスともいう)が普通に売られていた.ちょっと感激.8/29,hmatsui

粉文化

| コメント(0) | トラックバック(0)

P8280082.JPG久万高原町の店先に並んでいた「粉もの」あれこれ.

きなこ(大豆),黒豆きなこ(黒大豆),青きなこ(青大豆),そば粉(ソバ),モチトリ粉(トウモロコシ),カタクリ粉(ジャガイモ),白玉粉(もち米),はったい粉(裸麦)

伝統文化はまだ残っていた. 8/28,久万高原町にて,hmatsui

20150823,トコロジスト (9).JPG8/23 北条ふるさと館で養成講座二日目。一般参加者は13名。

午前中は地域を分担して蝉の抜け殻探し。小学生の自由研究みたいなテーマだけど、実際に調べ始めると、これが実に面白くて夢中で調べている間に昼が来た。午後は、拡大した地図に、セミシールを貼り付けて分布図を作成して、分布の偏りなどを各班であれこれ相談。もう全員がトコロジストの目でした。

いつも歩く通勤道や散歩道、良く行く山道などで、記録することを続けると思いがけない発見があることを知りました。地図の記録が何年か積み重なると、その場所の自然の豊かさとか自然の変化を客観的に知ることができるでしょう。箱田さん、ありがとうございました。20150823,トコロジスト (32).JPG20150823,トコロジスト (42).JPG

8/22 北条ふるさと館でトコロジスト養成講座を実施。講師は日本野鳥の会の箱田敦只さん。参加者はスタッフを含めて56名。初日はトコロジストの講義を受けた後、各自で1/1000地図の土地利用図を色塗りし、それをもって3F展望台から実際の広がりを確認。その後、野外に出て現場で観察会。今回の講習会をヒントにして、自分のフィールドで自然の記録を開始してほしいなあ。やがてその報告会が出来ると良いのに20150822,トコロジスト初日 (3).JPG20150822,トコロジスト初日 (21).JPG。matsui

 

ガーネット発見

| コメント(0) | トラックバック(0)

20150818,雄甲雌甲山 (11).JPG8/18 北条の雌甲山にて。山頂付近の安山岩を丹念に探したら小さく赤い結晶が見つかる。これがガーネット。でも大きさは1ミリにも満たない。

20150818,雄甲雌甲山 (1).JPG8/18北条の雄甲山。1970年代の植生図では全体がアカマツ林で塗られていた。アカマツ林の時代が終わってアラカシ、アベマキ、コナラの広葉樹林となっている。尾根道に数本の最後のアカマツが倒れていた。

トンボ

| コメント(0) | トラックバック(0)

8月のエコグリーンクラブ20150808,エコグリ (4).JPG20150808,エコグリ (9).JPGのテーマはトンボ。トンボの話のあと、野外でトンボを探し。暑さのせいかトンボの姿は少ないが、子ども達は元気にトンボを追いかけていました。その後、室内で、トンボづくり。なかなか見事に出来ました。8/8,エコハウス、matsui

今日は立秋

| コメント(0) | トラックバック(0)

まだ猛暑が続く毎日ですが、高縄山ではカワラナデシコ、フシグロセンノウ20150808,高縄山、 カワラナデシコ (2).JPG20150808,高縄山、 フシグロセンノウ (4).JPGなど夏の終わりから秋にかけて咲く花が満開でした。8/8,高縄山、matsui

 

 

カラスウリ開花

| コメント(0) | トラックバック(0)

夕方、6時すぎから、カラスウリの花探しに出かけた。カラスウリはあちこちにあるがほどんどはまだ蕾み。最後に通った松山市石手寺裏道でカラスウリ、20150806,松山市石手幼稚園前 (2).JPG満開のカラスウリを見つけた。ついでに上伊台町の農道で開花直前のキカラスウリ(3枚目の写真)も。8/6、カラスウリ、20150806,松山市石手幼稚園前 (1).JPGMatsui

 

キカラスウリ?、20150805,松山市上伊台 (3).JPG

もりみち事務所前の駐車場の水槽(50㎝×30㎝ほどのプランタ)でクロメダカを飼っている。埋め立て工事が予定されていた和気町の汽水水路から持ち帰ったもの。水が緑色に濁ったので、今朝、水槽の掃除をした。なんと丸々太ったヤゴが2匹。ギンヤンマのヤゴと思われる。そういえば以前、ヤンマが事務所に飛び込んできて、しばらく室内を飛び回っていた。ヤゴは捕獲したがどうしよう? ギンヤンマ?、20150804,事務所前水槽 (1).JPG

色々メダカ

| コメント(1) | トラックバック(0)

道の駅で20150802,宇和どんぶり館 (1).JPGピンクメダカ、ブルーメダカ、ダルマメダカなど色々メダカが売られていた。なぜかミナミメダカ(西日本在来で以前はクロメダカ)は並んでいない。ミナミメダカは水域ごとに異なる遺伝的多様性が分かっているのに、色々メダカが野外で繁殖するとミナミメダカの遺伝的独自性はなくなってしまう。となりには20150802,宇和どんぶり館 (2).JPGアマゾントチカガミ(商品名 アマゾンフロッグピット)が並んでいた。これはすでに愛媛県内で野生化している。

墨壺

| コメント(0) | トラックバック(0)

8/2 野村町桂川渓谷での自然観察会の途中で立ち寄った宇和町どんぶり館。そこで墨壺を売っていた。この形がスミレの花に似ているとの

牧野富太郎説があるが、そう思って見ると似て無くもない。20150802,宇和どんぶり館 (3).JPG20150802,宇和どんぶり館 (5).JPGOC150470.JPG

2015年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

  • img

最近のコメント

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.2

累計:
本日:
昨日: