怪島

| コメント(0) | トラックバック(0)

PC104101.JPG今治市大西町の沖、1.7キロに、周囲1キロもない小さな無人島「怪島」がある。昔は海賊の根城であり、「怪しい者が棲む島」として「怪島(けしま)」と名付けられたという。

12/10 移動性高気圧に囲まれた晴天。O氏と怪島調査に挑戦した。O氏はカラスバトの調査である。島は全周、断崖に囲まれて上陸できる場所も少ないが、なんとか船の舳先を岩礁に押しつけて上陸。メダケが密生した急崖をよじ登ると上にはクスノキの林があった。シイやカシでなくクスノキだけの林だ。おそらく何十年か前に樟脳を得るために植栽されたのだろう。北条鹿島のクスノキ林に共通する植生が確認できたことは収穫だった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://morimichi.org/mt-tb.cgi/283

コメントする